ギター奏者natsubayashi(夏林一彰)が登録者数10万達成!プロフィールと経歴をご紹介!

YouTuber
チャンネル登録者10万人突破記念ライブ&ミニパーティー!

ギターのレッスン動画を配信されているユーチューバー、natsubayashiさんのプロフィールと経歴をご紹介します。

natsubayashiのプロフィール

名前:(なつばやしかずあき)岩手県二戸市在住 41歳(1975年生まれ)
ギター歴:28歳から本格的にギターの練習を始める
YouTube歴:2006年から
YouTube NextUp 2012選抜メンバー

YouTube歴も2006年から10年以上続けられているようです。
ということは、ヒカキンさんも同様に初期から始められているので、キャリアはヒカキンさんと同等ということですね。

今回10万人突破されたことで、YouTubeから銀の盾が送られることになります。
盾、私も本物が見てみたい。。。

YouTube NextUpにも選ばれていたようですね。この時の同期には、瀬戸弘司さん、KAZUさん、PDRさんもいらっしゃるようです。
UUUM所属のユーチューバーと縁が濃いようですが、夏林さん自身はUUUM所属ではないようです。

逆に、なんでUUUMに所属しないんだろうってちょっと不思議ですが、今回チャンネル登録者数10万人を突破したことによって、どこかに所属しながら活動する可能性もありそうですね。

natsubayashiのギター経歴

スピッツ「チェリー」の弾き方:初心者のためのギター講座

28歳からギターを本格的にギターの練習を始められたとのことですが、夏林さんのホームページによると、大学在学中にリサイクルショップで売っていた1000円の中古ギターをを購入したのがきっかけのようです。
私も昔独学で楽器を覚えたくて、ウクレレとかキーボードを買ったことがあるので親近感がわきました。

その時から夏林さんは現在まで、全て独学でギター演奏を習得されたようです。
ここは、挫折した私からみたら、本当に努力されたんだなと思いました。
なんだかちょっと敗北感を感じるあづけんです。。
でも、それは努力の差によるものですから、私が落ち込むのはお門違いなんですけどね。

natsubayashiのYouTubeに対する姿勢

ユーチューバーとしてのキャリアが10年以上ある夏林さんですが、ユーチューバーになるもともとのきっかけはギターを教えたいという気持ちからではなく、まだ日本人ユーザーがいないときのYouTubeで、覚え始めたギター演奏動画を軽い気持ちでアップしていったのがきっかけだったようです。
これは今でいうTwitterに気軽につぶやいてみようとか、インスタに写真アップしてみようとか、そんなノリだったのかなと思います。

そこで、外国人の方からのコメントで演奏に対して質問が来るようになったそうで、それから今のレッスン動画のスタイルができあがったようです。
英語のコメントを返すことができることがすごいなと思いましたが、今は翻訳機能が充実しているので、英語のわからない私でも外国の人からのコメントはなんとか返せそうですね。

現在は週2で動画配信をされていて、週1でライブ動画を配信されているようです。
かつてのHIKAKINさんのように毎日動画アップということはされていないようで、夏林さんからみたらHIKAKINさんのような方たちはバケモノだとおっしゃっているようです(笑)
これは当然褒め言葉だと思いますし、やはりユーチューバーから見た一流ユーチューバーは別格なんですね。
でもどちらも定期的に配信されていることには変わりないので、同じように努力家だと思います。

natsubayashiに思いを馳せたあづけんの独り言

私も、小学生の頃は音楽の成績が良い方で、リコーダーが大好きだったのですが、他の楽器も演奏できるようになりたいと思っていたものです。特にピアノに憧れ、両手で鍵盤が弾けるようになりたくて、親にキーボードを買ってもらった思い出がありました。だけど、小学生ひとりで独学なんて当時の私には無謀すぎて、当然弾けるようにはなりませんでした。

その後私は大人になってからウクレレにも興味をもち、1万円台のウクレレを購入し、CD付きの書籍を買って練習を試みましたが、モチベーションが続かずやはり挫折。

この経験で、音楽で独学は無理と私は結論を出してしまいました。

だけど、独学だけで素晴らしい演奏ができるようになって、さらにはこうしてレッスン動画を配信し、現在ではチャンネル登録者数10万人を突破されたnatsubayashiさんを知り、私はちょっぴり自分が恥ずかしくなると同時に、独学でも本当に弾けるようになれるんだなと希望の光を見たような気がします。

まとめ

今回はnatsubayashiさんについて調べてみました。

今まではYouTuberといえば、かなり個性的で破天荒な発想がなければ活躍できないものと思っていましたが、地道な活動でもチャンネル登録者数10万人を突破することもできることがあらためてわかりました。

今後の夏林さんを応援すると共に、私もまた楽器をはじめてみたくなりました。

コメント